錦木、攻め手なく連敗 大相撲秋場所4日目


 大相撲秋場所4日目(13日・両国国技館)盛岡市出身で東前頭13枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は東12枚目の大翔丸に突き落とされて2連敗、1勝3敗となった。

 大翔丸の強い当たりを胸で受け、出足を止めた錦木。大翔丸の押しに棒立ちとなり、攻め手がない。何とか前に出ようとしたものの足が伴わず、相手の思い切った右突き落としを簡単に食った。

 5日目は西10枚目の豪風と対戦する。

(2017/09/14)
[PR]

トップへ