カヌー、山田が3位 愛媛国体、成年女子


 【高知県本山町で運動部・村上俊介】第72回国民体育大会「笑顔つなぐ えひめ国体」のカヌー第4日は12日、高知県本山町の寺家カヌー競技場で行われ、成年女子ワイルドウオーター・カヤックシングル(スプリント)で、山田茉未(岩手中央農協、紫波二中−不来方高−北見工大)が3位に入った。

 スプリントは2回レースし、速いタイムが採用される。山田は1回目が41秒00で5位だったが、2回目はスタートから勢いに乗るとコース取りも成功。滑らかに急流をこぎ下り、39秒79でゴールし順位を上げた。

 山田は昨年の岩手国体でもワイルドウオーター・カヤックシングルの2種目で入賞(1500メートル7位、スプリント6位)。今国体は11日の同1500メートル4位に続く入賞で、ともに昨年から順位を上げて2年連続の2種目入賞を果たした。

 県勢の表彰台は11日の弓道成年女子遠的に続き、2日連続となった。水泳のオープンウオーター5キロは、女子の中島千咲代(盛岡北高1年)が10位、男子の桑添陸(新潟医療福祉大1年)が11位で入賞にあと一歩届かなかった。

【写真=成年女子ワイルドウオーター・カヤックシングル(スプリント) 巧みなパドルさばきで急流を下り、3位に入った山田茉未(岩手中央農協)=高知県寺家カヌー競技場】

(2017/09/13)
[PR]

トップへ