ベテラン李が優勝 八幡平市・日本女子プロゴルフ


 ゴルフの日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日は10日、八幡平市の安比高原GC(6640ヤード、パー71)で最終第4ラウンドが行われ、首位から出た38歳の李知姫(イチヒ)(韓国)が6バーディー、4ボギーの69で回って通算5アンダー、279で優勝した。2008年日本女子オープン選手権以来の国内四大大会2勝目。ツアーでは今季初勝利で通算22勝となった。賞金3600万円を獲得。

 2打差の2位はイ・ミニョン(韓国)。通算2アンダーの3位に東浩子、1アンダーの4位に川岸史果、比嘉真美子、柏原明日架が入った。昨年覇者の鈴木愛はイーブンパーで7位。(出場65人、曇り、気温20・7度、東の風0・9メートル、観衆5691人)

【写真=最終日、18番でウイニングパットを沈めガッツポーズの李知姫=安比高原GC】

(2017/09/12)
[PR]

トップへ