盛岡南・男子400リレーV 東北高校選手権陸上


 東北高校選手権は17日、各地で自転車、重量挙げなど12競技が行われ、県勢は陸上の男子400メートルリレーで盛岡南が41秒30をマークし優勝した。自転車は男子チームスプリントで紫波総合(中野慎詞、高橋慶多、佐々木俊哉=以上3年)が1分5秒821で2連覇を達成。同ケイリンは佐藤威吹(紫波総合2年)、女子スプリントは沢田優香(盛岡農3年)が制した。 

 重量挙げは女子48キロ級の菊地可南子(水沢3年)が自身の持つ県記録を更新するトータル133キロで優勝。同75キロ超級の佐熊汐梨(同)、男子77キロ級の長根隆文(久慈工3年)も頂点に立った。ホッケー男子の沼宮内は2試合ともに2桁得点の大勝でインターハイ切符を獲得し、女子の沼宮内も獲得へ大きく前進した。

 サッカー男子は遠野が4強入りし、女子の専大北上は初戦で敗れ、全国切符を逃した。ソフトボールは男子の盛岡中央、女子の花巻東がともに準決勝に進んだ。ソフトテニス団体は男子の黒沢尻北の4強が最高だった。ボクシングはシードを含め男子1部の5階級、女子3階級で決勝に進んだ。

【写真=男子400メートルリレー決勝 盛岡南の3走滝沢航大(右)がアンカー郡司敦生(右から2人目)にバトンをつなぐ=山形県天童市・NDソフトスタジアム山形】

(2017/06/18)
[PR]

トップへ