キャンプ地、90自治体が応募 ラグビーW杯、本県は5市町


チェック

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は11日、主に大会期間中使用される公認キャンプ地に37都道府県の90自治体から76件の応募があったと発表した。昨年12月に締め切られており、今夏に候補地を選定し、視察する出場チームの要望を受けて来年春以降に正式決定する見通し。

 組織委の嶋津昭事務総長は「地域の広がり、数からいっても素晴らしい応募状況」と評価。15年イングランド大会は61カ所の候補地から41カ所が使用されたが「(キャンプ地ガイドラインの)要件を充足したところには候補地になってもらいたい」と述べ、上限を設定せずに候補地を選定する考えを示した。

 応募は単独の自治体による応募が57件で、複数自治体の共同応募は19件。本県からは盛岡、宮古、北上、八幡平、雫石の5市町が応募し、東北地方では最多となった。

(2017/01/12)
[PR]

トップへ