八重樫「わくわくする相手と」 ボクシング、本格練習開始


チェック

 昨年12月に国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王座を奪取し、日本選手3人目の世界3階級制覇を達成した八重樫東(あきら)(大橋、黒沢尻工高−拓大)が18日、横浜市内で本格的に練習を開始し「今の練習を続ければ、まだ力が付くし、先が楽しみ」と語った。

 今後は防衛を重ねる意向で、次戦は5月にも計画している。一方、所属ジムの大橋秀行会長は「(日本選手初の)4階級制覇とか歴史に名を残す形にしたい」と構想を披露。32歳の王者は「体が持たない」と苦笑しながら「年も年なので一つの試合が大事。わくわくする相手とやりたい」と話した。

【写真=本格的な練習を再開し、取材に応じるIBFライトフライ級王者の八重樫東。右は大橋秀行会長=18日、横浜市の大橋ジム】

(2016/01/19)
[PR]

トップへ