復興交付金、本県は497億円 19回目配分


 【東京支社】復興庁は1日、19回目となる復興交付金の配分を発表した。本県は整備の進む市街地の土地区画整理事業費や下水道整備費など7市町に事業費ベースで計497億6千万円を配分する。

 市町村別では陸前高田市が最も多く、高田地区と今泉地区の土地区画整理事業費173億5千万円など383億8千万円を配分。次いで大船渡市42億8千万円、宮古市27億3千万円、釜石市23億4千万円、大槌町9億2千万円。

 内陸の災害公営住宅整備事業では花巻市に8億9千万円、遠野市に2億1千万円を配分する。

(2017/12/02)
[PR]

トップへ