岩泉復興、インスタで発信 県がアカウント


 台風10号豪雨で被災した岩泉町の復興の歩みを県内外に発信するため、県は23日、若者に人気の写真共有アプリ「インスタグラム」専用アカウントを開設した。ボランティアの再訪など交流人口の拡大を目指す。

 インスタグラムの活用は県として初の試み。県職員や公募の通信員が「♯iwaizumigenki」の識別符号(ハッシュタグ)を付けて写真を投稿する。復旧工事の進行状況のほか、同町の風景やイベントなどの日常も紹介する。

 宮古、久慈両市での実施も検討しており、県台風災害復旧復興推進室の植野歩未(あゆみ)台風災害復旧復興推進課長は「地域に密着した話題をリアルタイムで伝えたい」と語る。県は通信員を募集中。問い合わせは同室(019・629・5340)へ。

【写真=岩泉町の復旧復興状況を伝えるインスタグラムの画面】

(2017/02/24)
[PR]

トップへ