岩泉復興へ続く歩み 台風10号被災の乙茂地区


 昨年8月の台風10号豪雨で被災した岩泉町。22日の空撮では、被災者が春を待つ仮設住宅や、雪をかき分けて進む復興工事が見られた。

 小本川が氾濫した同町乙茂(おとも)地区では、入居者9人全員が犠牲となった高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」の建物が既に解体された。隣接の介護老人保健施設「ふれんどりー岩泉」は、4月の受け入れ再開を目指している。

 工場が被災した町の第三セクター岩泉乳業は、今月25日に新工場の安全祈願祭を開き、8月に製造を再開する。楽天イーグルス岩泉球場も2018年4月の再開を目指す。町は災害復興計画の策定を9月末をめどにしており、生活再建に向けた動きが本格化する。

【写真=台風10号水害から間もなく半年となる岩泉町乙茂地区。復興工事はこれから本格化する=22日(本社特別機から宮古支局・菊池範正撮影)】

(2017/02/23)
[PR]

トップへ