「岩手の教訓」世界に発信 <国連防災会議>


 【仙台支社】第3回国連防災世界会議は14〜18日の日程で仙台市内で開かれている。本体会議のほか、350以上のパブリックフォーラム(関連行事)が企画され、本県関係者も東日本大震災の経験と教訓を世界に発信している。 15日は遠野まごころネット(遠野市)主催による防災とコミュニティーをテーマとしたフォーラムが開催されたほか、国際リニアコライダー(ILC)に関する講演などにも大勢の人が詰め掛けた。15日までに本県関係者が参加、発言したシンポジウムなどを紹介する。

 復興につながる「集まる場」

 NPO法人遠野まごころネット(遠野市)は15日、仙台市青葉区のTKPガーデンシティ仙台勾当台で、フォーラム「実践 防災とコミュニティ『救われる生命』アジアと東日本の大規模災害から今伝えたいこと」を開いた。東日本大震災から4年が経過したことを踏まえ、本県関係者らが災害の風化防止やコミュニティーづくりの重要性を伝えた。

 約150人が参加。本県や福島県の復興に携わるNPO法人に加え、フィリピンの行政、大学関係者がパネルディスカッションなどで発言した。

 遠野まごころネットの臼沢良一理事長(66)が「コミュニティー創造と再生に関する知見を国際社会と共有したい」と企画の狙いを説明。第1部は「風化に立ち向かう人々」と題し、高橋敏彦北上市長(59)や神山浩樹IBC岩手放送アナウンサー(47)が震災以降の被災地の取り組みを紹介した。

 神山さんは大槌町安渡(あんど)地区で住民が長く津波の記憶を継承できるよう、建て替えが必要な木製の津波碑をあえて設置した例を挙げ「想定外も想定し、まずは逃げて死なないことが大切だ」と力を込めた。

 2013年に高潮被害を受けたフィリピン・レイテ州のレオポルド・ドミニコ・ペティリヤ知事(50)も甚大な高潮被害からの復興や防災対策について語った。

 第2部のパネルディスカッションでは、コミュニティー形成について陸前高田被災地語り部くぎこ屋の釘子(くぎこ)明代表(56)が避難所運営の経験から「集まる場づくりが最終的には復興につながる」と指摘。「災害公営住宅でコミュニティーを再びつくらなければならない。孤独死が起きた阪神大震災の時と同じことが起きており、今後も支援が必要だ」と訴えた。

 命を守った日常の活動

 消防庁主催のフォーラム「地震、津波、土砂災害時等における消防団、地域住民の役割」は14日、仙台市青葉区の東北大川内萩ホールで開かれ、県立大総合政策学部1年の菊池のどかさん(19)が活動事例を発表した。東日本大震災の津波から逃れた釜石東中3年当時の状況を紹介しながら、災害から命を守る日常活動の大切さを訴えた。

 約千人が来場。菊池さんは同校が震災前から避難訓練や地域交流に力を注ぎ、津波に備えてきたことを強調。震災の教訓として「自ら状況判断し、臨機応変に対応する必要がある。『絶対に生きる』という強い気持ちや、仲間との信頼関係も大事だ」と訴えた。

 現行の高校教育で防災に触れる機会が少ないことへの感想を求められ、菊池さんは「高校生は地域の中核になれる年齢。勉強や部活動で忙しいが、若い世代が地域を引っ張っていくという姿勢を見せていきたい。それを手伝うため、高校教師となるのが私の夢だ」と語った。

 愛せるもの、次の世代に

 国交省東北地方整備局主催の「復興祈念公園を考えるシンポジウム」は14日、仙台市青葉区の市シルバーセンターで開かれた。同公園は陸前高田市高田松原地区と宮城県石巻市に整備計画があり、パネルディスカッションのパネリストを務めた陸前高田市の認定NPO法人桜ライン311の岡本翔馬代表(32)は「祈念公園は未来に残す必要があり、次世代が愛せるものを造ることが大切だ」などと訴えた。

 約150人が参加。国は同公園について、2020年末の完成を予定する。本県の復興祈念公園協働デザインワーキング委員の岡本代表は、同市の津波到達地点に桜の木を植樹する桜ラインの活動などを紹介した。

 岡本代表は「風化を防ぐという意味では法人の活動と祈念公園は共通点が多い」とした上で、「震災は痛ましい記憶。残すべきこと、忘れてもいいことの両方がある。どの部分を絶対に残さなければいけないのかという取捨選択の議論が不足している」と指摘した。

 公園の中身については「多くの人の思いをくみ取り、未来に残していくためにも(柔軟性のある)余白を持った公園づくりを進めてほしい」と要望した。

【写真=コミュニティー形成などについて活発な意見が交わされた遠野まごころネット主催のフォーラム=15日、仙台市青葉区・TKPガーデンシティ仙台勾当台】

【写真=防災における日常活動の意義や、若い世代の役割を訴えた菊池のどかさん=14日、仙台市青葉区・東北大川内萩ホール】

【写真=復興祈念公園のあり方などについて発言する岡本翔馬さん=14日、仙台市青葉区・市シルバーセンター】

(2015/03/16)
[PR]

トップへ