震災4年 データで見る被災地の今


 東日本大震災発生から間もなく4年がたつ。災害公営住宅整備や土地区画整理事業などの新たなまちづくりは一歩ずつ進みつつある。だが、今なお約2万8千人が仮設住宅などでの生活を余儀なくされ、復興は道半ばだ。被災地では何が前進し、何が足踏みしているのか。復旧の現状と復興への道のりをさまざまなデータで紹介する。

(PDF 3.9M)

PDFデータを見るには「Get Adobe Reader」ボタンをクリックし、Adobe Readerをダウンロードしてください。

(2015/03/05)
[PR]

トップへ