現新一騎打ちの見通し 金ケ崎町長選、告示まで1カ月


 任期満了に伴う金ケ崎町長選は2月27日の告示まで1カ月となった。4選を目指す現職高橋由一氏(71)、元町参事の新人高橋寛寿氏(62)がともに無所属で立候補を表明しており、一騎打ちとなる見通しだ。

 高橋由氏は昨年7月に「少子高齢化や社会変化で新たな課題が出てきた。的確に対応する」と出馬表明。重点施策として農工商業の活力向上、6生活圏のバランスある発展、若者の職住確保などを掲げる。

 高橋寛氏は昨年11月に「現町政は課題や現状に正面から向き合っていない。大胆に見直す」と出馬表明。公約として子育て環境の整備、農業の担い手育成、町主催のイベントの在り方見直しなどを打ち出す。

 昨年12月1日現在の有権者は1万3174人(男6609人、女6565人)。

(2018/01/27)
[PR]

トップへ