元町健康福祉課長・佐々木氏出馬へ 岩手町長選


 岩手町江刈内の会社員で元町健康福祉課長の佐々木光司氏(58)は、来年5月31日の任期満了に伴う同町長選に立候補する意向を固めた。

 佐々木氏は21日、岩手日報社の取材に対し「新しい風を巻き起こし、若者が住みたくなる未来に開かれたまちづくりを実現したい」と語った。政党への推薦要請は行わず、無所属での出馬を予定する。後援会は今後設立する。

 佐々木氏は同町江刈内出身。岩手高、慶応大を卒業し、1983年町役場入り。企画商工課長などを務め今年3月末、健康福祉課長で退職した。現在は家業の石材会社に勤めている。

(2017/11/22)
[PR]

トップへ