現新2氏の争い確実 一戸町長選、7日告示


 任期満了に伴う一戸町長選は7日、告示される。9選を目指す現職の稲葉暉氏(72)と、新人で町議の田中辰也氏(50)がともに無所属での立候補を予定。両氏による一騎打ちが確実な情勢で、2009年の前々回以来、8年ぶりの選挙戦になる見通しだ。(並びは表明順)

 稲葉氏は「幸せのまちづくり」を掲げ、8期の実績と町政継続を強調。政党への推薦要請は行わず、後援会(小野寺研一会長)を軸に政策を訴える。町議は15人中2人が支持する。

 田中氏は「新生いちのへを共に創ろう」を合言葉に町政刷新を呼びかける。政党への推薦要請は行わない。後援会(佐々木綱晋会長)と知名度向上に努め、町議10人が支持する。

 立候補の届け出受け付けは7日午前8時半から午後5時まで町役場で行う。投票は12日午前7時から午後6時まで町内28投票所で行われ、同7時半から同町高善寺の町体育館で即日開票する。当落判明は同9時半の見込み。

 10月22日現在の有権者数は1万1294人(男5367人、女5927人)。

(2017/11/06)
[PR]

トップへ