元町参事・高橋寛氏が出馬の意向 金ケ崎町長選


 金ケ崎町の元参事高橋寛寿氏(62)は任期満了に伴い来年2月27日告示、3月4日投開票の日程で行われる町長選に、無所属で立候補する意向を固めた。

 高橋氏は1日、岩手日報社の取材に対し「町が計画する下水道料金の引き上げは町民生活の根幹を揺るがす。町政を変えなければならない」と決意を示した。月内にも正式表明する。

 引き上げ中止や財政状況の改善、イベントの在り方見直しと住民サービスへの予算・労力配分などを掲げる方針。政党推薦は要請しない。

 同町長選は、4選を目指す現職高橋由一氏(71)、新人で元副町長の千葉政幸氏(68)が立候補を表明しており、3人による選挙戦が見込まれる。

(2017/11/02)
[PR]

トップへ