現新の一騎打ち濃厚 西和賀町長選、告示まで1週間


 任期満了に伴う西和賀町長選は11月7日の告示まで1週間となった。3選を目指す現職の細井洋行氏(68)と新人で元町林業振興課長の内記和彦氏(56)がともに無所属での出馬を予定。一騎打ちによる8年ぶりの選挙戦が濃厚だ。(並びは表明順)

 細井氏は「人口減少の中で将来にわたって持続可能な地域づくり」を掲げる。重点に▽健康寿命を延ばす▽6次産業の推進▽女性が住みよいまちづくりと子どもの人材育成−を訴える。

 内記氏は「自らのことをできるだけ自ら行う住民自治」を強調。▽健康と暮らしの質を高めた定住力強化▽西和賀らしい産業強化▽教育、文化環境整備−などを重点項目に据える。

 町議の死亡、辞職に伴う町議補選(欠員2)も同日程で行われ、3人が立候補を予定している。

 22日現在の有権者数は5320人(男2468人、女2852人)。

(2017/10/31)
[PR]

トップへ