本県7陣営が最後の訴え 衆院選、あす22日投開票


 第48回衆院選は22日、投開票を迎える。県内小選挙区は「1票の格差」是正に伴い新岩手1〜3区に再編され、自民党、希望の党、共産党、無所属の7陣営が激しい選挙戦を展開してきた。21日は地元での打ち上げ演説など最後の訴えを繰り広げ、12日間の攻防は幕を閉じる。

 岩手1区は玉山地区が編入された。届け出順に、自民前職(比例東北、2期)の高橋比奈子氏(59)、共産新人の吉田恭子氏(36)、希望前職(旧岩手1区、4期)の階猛氏(51)の3人による争い。

 岩手2区は旧3区の陸前高田市や遠野市など7市町が編入され、本州最大の選挙区。希望元職(2期)の畑浩治氏(54)と自民前職(旧岩手2区、8期)の鈴木俊一氏(64)が5度目の対決を繰り広げる。

 岩手3区は旧4区に旧3区の一関市、平泉町が加わった。自由党代表で無所属前職(旧岩手4区、16期)の小沢一郎氏(75)と自民前職(比例東北、2期)の藤原崇氏(34)が3度目の戦いを展開している。

 比例代表東北ブロック(定数13)には、小沢氏以外の6人が重複立候補。このほか本県から比例単独で、自民前職(比例東北、2期)の橋本英教氏(50)が25位、幸福実現党新人の石川幹子氏(52)=盛岡市=が2位に登載されている。

 投票は22日午前7時から午後8時(29市町村は1〜2時間繰り上げ)まで県内1035投票所で行われ、即日開票される。

(2017/10/21)
[PR]

トップへ