本県は3小選挙区に7人立候補 衆院選


 県内小選挙区の立候補届け出受け付けは10日午前8時半から午後5時まで盛岡市内丸の盛岡地区合同庁舎で行われ、岩手1区に3人、岩手2、3区に各2人の計7人が届け出た。「1票の格差」是正に伴い小選挙区数は4から3に削減され、区割りも大幅に変更となった。各陣営は22日の投開票に向け舌戦をスタートさせた。

 党派別は自民党3人、希望の党2人、共産党と無所属各1人。選挙区と比例東北の前職が5人、元職と新人が各1人。社民党は戦後の旧社会党時代を通じて初めて県内で擁立しない。立候補者は2014年衆院選に比べ6人減り、戦後の本県衆院選で最少となった。

 立候補したのは届け出順に岩手1区は自民前職(比例東北、2期)の高橋比奈子氏(59)、共産新人の吉田恭子氏(36)、希望前職(旧岩手1区、4期)の階猛氏(51)の3人。

 岩手2区は希望元職(2期)の畑浩治氏(54)と、五輪相で自民前職(旧岩手2区、8期)の鈴木俊一氏(64)の2人。

 岩手3区は自由党代表で無所属前職(旧岩手4区、16期)の小沢一郎氏(75)と自民前職(比例東北、2期)の藤原崇氏(34)の2人となった。

 区割り改定に伴い、岩手1区は旧2区の玉山地区を編入。岩手2区は旧3区の大船渡、遠野、陸前高田、釜石、住田、大槌、山田の7市町が加わり、本州最大の選挙区となる。岩手3区は旧4区全体と旧3区の一関市、平泉町で構成する。


関連記事

(2017/10/11)
[PR]

トップへ