小沢氏、無所属出馬を表明 「政権交代実現する」


 【東京支社】自由党代表の小沢一郎前衆院議員(75)は3日、衆院選岩手3区に無所属で立候補することを正式表明した。民進の前原誠司代表に歩調を合わせる形で選択したとし「安倍政権と対峙(たいじ)し、政権交代を実現する」と強調した。一方、他の候補は自由党公認でなく、希望の党公認や無所属などで出馬させる。

 国会内で会見した小沢氏は、党公認候補を立てない理由について「希望の小池百合子代表と前原氏の協議には関与しておらず、(民進中心に結集する)イメージと違う形になったが、結集を主張してきた立場から民進に足並みをそろえた」と説明した。

【写真=無所属での出馬を表明し、「政権交代を目指す」と強調する小沢一郎氏】

(2017/10/04)
[PR]

トップへ