水上氏4選出馬へ 洋野町長選


 洋野町長の水上信宏氏(76)は来年1月28日の任期満了に伴う町長選に4選を目指し出馬する意向を固めた。今後、後援会(会長・岡本正善町議会議長)の役員会を開き、正式表明する。

 水上氏は14日、岩手日報社の取材に対し「現在取り組む企業誘致や復興事業に最後まで力を尽くしたい」と意欲を示した。政党に推薦要請はせず、無所属で立候補する。 

 水上氏は同町中野出身で、札幌自動車学校卒。過去に自動車整備工場を経営し、1983年から旧種市町議3期、95年から県議2期を務めた。町長選は旧町村合併後の2006年に初当選し、10年に再選。14年は無投票で3選を果たした。

 同町長選で出馬の意向を固めたのは水上氏が初めて。現時点で他に立候補の動きは表面化していない。

 1日現在の有権者数は1万5074人(男7282人、女7792人)。

(2017/09/15)
[PR]

トップへ