現新の一騎打ち確実 田野畑村長選、告示まで1週間


 任期満了に伴う田野畑村長選は8月1日の告示まで1週間となった。再選を目指す現職石原弘氏(59)と、新人で元村総務課長の佐々木靖氏(56)がともに無所属で立候補を予定。両氏による一騎打ちが確実な情勢だ。(並びは表明順)

 石原氏は「村のため、村民のために」を掲げ、▽産業開発公社の株式会社化▽高齢者への給食サービスと、村民バスのフリーパス券交付▽就学支援制度創設−などを訴える。

 政党への推薦要請はせず、後援会(吉塚公雄会長)を中心に活動を展開。村議10人中5人が支持に回り、地区集会のほか、地域ごとの対話集会を展開する。

 佐々木氏は「村内融和を構築し、公正な村政の実現」を強調し、▽認定こども園の整備▽中学生までの給食費無料化▽公共交通サービス充実▽水産業の振興−などを掲げる。

 政党に推薦要請はせず、後援会(鈴木隆昭会長)を軸に活動し、村議5人が支持。「語る会」のほか、25日は総決起大会を開き、結束を呼び掛ける。

 20日現在の有権者数は3062人(男1529人、女1533人)。

(2017/07/25)
[PR]

トップへ