無風の住田町議補選 事前審査出席者ゼロ


 23日投開票の住田町議補選(欠員1)は18日の告示が迫る中、立候補の動きが表面化していない。5日は町長選と併せて申請書類の事前審査が行われたが、出席者はゼロ。2015年町議選(定数12)も無投票に終わっており、なり手不足による地域の活力低下が懸念される。

 補選は同日程で行われる町長選に出馬を目指す町議の辞職に伴う実施。町役場での事前審査には町長選に出馬予定の2陣営が参加したが、町議補選の出席はなかった。

 町議補選を巡っては、60代女性が一時出馬を検討したが「家族の健康上の理由」で断念。それ以外に表だった動きはなく、ここまで「無風状態」となっている。

 町選挙管理委員会は今後も随時事前審査を受け付けており、名乗り出る人材があるか注目される。

(2017/07/06)
[PR]

トップへ