山本氏3選、内舘氏に5501票差 宮古市長選


 任期満了に伴う宮古市長選は25日、投開票が行われ、現職山本正徳氏(61)=公明党県本部支持=が前市議の新人内舘勝則氏(61)=民進党県連、共産党宮古地区委員会、自由党県連、社民党県連合推薦=を破り3選を果たした。無所属2氏による一騎打ちは、市政継続を訴えた山本氏が刷新を目指した内舘氏に5501票差で勝利した。投票率は63・21%で、選挙戦となった2009年を4・02ポイント下回った。

 山本氏は2月上旬に出馬を表明し、「復興から宮古創生へ」を掲げた。東日本大震災や台風10号豪雨からの復興、産業振興・教育振興などを公約として示し、2期8年の実績と市政継続の必要性を訴えた。

 投票は25日午前7時から市内53カ所で行われ、市中心部16カ所は午後7時まで、それ以外の37カ所は同6時まで実施。同8時10分から市民総合体育館で即日開票された。

 ◇宮古市長選開票結果
(25日午後9時52分選管終了、敬称略)

17、283票 山本 正徳 61 無現
 11、782票 内舘 勝則 61 無新

(法定得票数7266・250票)

【写真=3選を果たし万歳する山本正徳氏(左)と教子夫人=25日午後9時44分、宮古市新町の事務所】

(2017/06/26)
[PR]

トップへ