2新人の一騎打ちか 住田町長選、告示まで1ヶ月


 任期満了に伴う住田町長選は7月18日の告示まで1カ月となった。会社役員神田謙一氏(58)=同町下有住=と元町議の水野英哉氏(61)=同町上有住=がともに無所属で立候補を表明。現職多田欣一氏(72)は今期限りで勇退する意向を示しており、新人2人による8年ぶりの選挙戦となる公算が大きい。(並びは表明順)

 神田氏は昨年12月末に「住民目線を大切に、医・食・住をベースとした施策に取り組んでいきたい」と立候補を正式表明。医療や農業・畜産施策の推進、環境や自然保護、防災面の充実を政策目標に掲げる。

 水野氏は4月の出馬会見で「農林業政策を推進し、三陸木材高次加工協同組合と協同組合さんりくランバーの経営安定化を目指す」と決意を述べた。政策目標に▽障害者や高齢者にやさしい町づくり▽青少年の健全育成と生涯スポーツの推進−などを掲げる。

 1日現在の有権者は5126人(男2498人、女2628人)。

(2017/06/18)
[PR]

トップへ