小林氏が4選出馬へ 八戸市長選


 八戸市長の小林真氏(66)は11月16日の任期満了に伴う市長選に4選を目指し出馬する。

 小林氏は28日、岩手日報社の取材に対し、「八戸の潜在力を引き出し、産業などさまざまな面を前に進めてきた。自分なりに成果を実感している。それを継続し、八戸をさらに発展させたい」と述べた。

 無所属で立候補し、自民、公明両党に推薦要請する方針。政策、公約は今後公表する。同市長選に出馬を表明したのは小林氏が初めて。

 小林氏は八戸市出身。東北大を卒業し、青森県庁、総務省などを経て、2005年の市長選に出馬し初当選した。13年の前回選は新人2人を破り3選した。

(2017/03/01)
[PR]

トップへ