野田村長選、小田氏無投票4選か 告示まで1週間


 任期満了に伴う野田村長選は2月7日の告示まで1週間に迫った。4選を目指して立候補を表明している現職小田祐士氏(61)の他に出馬の動きは具体化しておらず、無投票となる公算が大きくなっている。

 小田氏は昨年12月の村議会定例会で出馬を表明。今月21日の総決起大会では「東日本大震災からの完全なる復旧・復興を果たし、山積する課題に着手する」と訴えた。

 4期目の公約に▽震災大津波被害からの完全なる復旧・復興▽台風10号被害からの復旧・復興▽子育て環境、高齢者福祉の充実−などを掲げる。政党への推薦要請は行わず、再構築した後援会(小野寺敬作会長)を主体に活動する。

 立候補の届け出受け付けは2月7日午前8時半から午後5時まで村役場で行われる。選挙戦となった場合、投票は12日午前7時から午後6時まで9投票所で行われ、同7時から村体育館で即日開票される。当落判明は同8時ごろの見通し。

 昨年12月1日現在の有権者数は3813人(男1813人、女2千人)。

(2017/01/31)
[PR]

トップへ