住田町長の多田氏勇退へ 17年8月任期満了


 住田町の多田欣一町長(71)は、来年8月4日任期満了に伴う町長選に出馬せず、今期限りで勇退する意向を固めた。9日の町議会12月定例会本会議で正式表明する予定。

 多田氏は8日、岩手日報社の取材に対し「9日に引退を表明する。健康上の理由だ」と語った。

 多田氏は同町出身で、東京農大卒。町税務財政課長、総務課長を経て2001年、町長選に立候補し、2期目まで無投票で当選。09年に新人候補との戦いを制して3選し、13年の前回選挙は無投票で4選した。

(2016/12/09)
[PR]

トップへ