一戸・御所野含む縄文遺跡群、推薦見送り 世界遺産候補


 国の文化審議会世界文化遺産部会(佐藤信部会長)は31日、2019年の世界遺産登録に向けて「百舌鳥(もず)・古(ふる)市(いち)古墳群」(大阪)を推薦することを決めた。一戸町の御所野遺跡群を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」は5度目の挑戦となったが来年度以降に見送られた。縄文遺跡群に対し、日本の縄文文化を代表する遺跡群としての特異性や優位性などの「説明不足」を課題に挙げた。

 東京都内で会合を開き、本年度に政府として国連教育科学文化機関(ユネスコ)に登録を推薦する国内候補を▽古墳群▽縄文遺跡群▽金を中心とする佐渡鉱山の遺産群(新潟)―の3件から選んだ。

 同部会は今回の選定候補を「いまだ大きな課題を抱えていると言わざるを得ない」と指摘。その上で、古墳群は「推薦内容の検討状況が相対的に最も進んでいる。古代王権の文化などを視覚的に示し、普遍的価値として理解されやすい」と判断した。ただ、推薦後の審査や評価で推薦内容の抜本的見直しや取り下げの可能性もあると説明した。

【写真=一戸町の御所野遺跡。「北海道・北東北の縄文遺跡群」はユネスコへの推薦が見送られた】

(2017/08/01)
[PR]

トップへ