釜石の橋野鉄鉱山、見学受け入れ再開 台風10号で被災


 台風10号豪雨などで被災した釜石市橋野町の世界遺産「橋野鉄鉱山」は19日、見学受け入れを再開した。初日は雨の中約20人が訪れて鉄の歴史を学び、世界遺産の魅力を感じた。

 橋野鉄鉱山は、8月末の同豪雨などで見学エリアに土砂が流入したり、表土が流出したりして、見学の受け入れを休止していた。損傷箇所を復旧し、隣接するインフォメーションセンターの断水が解消したため、一部区域を除き再開した。

 同センターは午前9時半〜午後4時半。今季は見学期間を12月18日まで延長する。入館無料。アクセス路の県道35号釜石遠野線は、遠野市側からは通行止めが続くが、釜石市側からは片側交互通行となっている。

【写真=見学受け入れを再開した橋野鉄鉱山を訪れる観光客】

(2016/11/20)
[PR]

トップへ