平安の暮らし模型で紹介 平泉で遺産登録5周年特別展


 平泉町の平泉文化遺産センターと毛越寺宝物館で23日、「平泉の文化遺産」の世界遺産登録5周年を記念する特別展が開幕した。展示は平安時代の衣食住などを模型で紹介。町内では関連事業として、浴衣で街歩きをする人への特典提供などの企画も行われている。

 同センター前でオープニングセレモニーが行われ、約50人が出席。浴衣姿で登場した青木幸保町長は「住んでいる自分たちも歩きながら町の風情や情緒を感じ、新たな魅力の発信につなげたい」とあいさつし、テープカットした。

 開催は11月23日まで。町内の約30施設では8月末まで、浴衣で来場した人への特典がある「まちあるきクーポン」が使える。期間中は町内で撮影した写真をフェイスブックなどで応募する夏の思い出フォトコンテストも実施している。

【写真=平安時代の衣食住などを模型で紹介する特別展=平泉文化遺産センター】

(2016/07/24)
[PR]

トップへ