一戸・御所野、推薦なるか 世界文化遺産候補選定へ


 国の文化審議会は7月最終週にも世界文化遺産特別委員会を開き、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に2018年の登録を推薦する候補1件を選ぶ。選考対象は4件。審議会関係者は「登録の可能性が最も高いものを選ぶ」と話すが、4件とも地元自治体が構成資産を厳選したり、保全体制を強化したりと弱点克服の努力を重ねており、難しい選択となりそうだ。

 4件は、一戸町の御所野遺跡を含む北海道・北東北の縄文遺跡群(本県、北海道、青森、秋田)、金を中心とする佐渡鉱山の遺産群(新潟)、百舌鳥・古市古墳群(大阪)、長崎の教会群とキリスト教関連遺産(長崎、熊本)。

 有力視されているのは、江戸期のキリスト教弾圧の歴史を伝える長崎教会群だ。本来は今夏にユネスコの審査を受けるはずだったが、事前に内容の見直しを求められ、両県が推薦の一時撤回を決断。弾圧期と関連が薄い教会と城跡を構成資産から外し、再挑戦している。長崎県幹部は「ユネスコ諮問機関の忠告に従って修正した。他の候補より登録に近いはず」と再推薦に期待を高める。

(2016/07/06)
[PR]

トップへ