「橋野」観覧有料化、条例提案見送り 釜石市が方針


 昨年世界遺産に登録された釜石市の橋野鉄鉱山の観覧有料化を検討している同市の野田武則市長は26日の定例記者会見で、「検討段階のため方針がまだ決まっていない」として、市議会3月定例会への有料化条例案提案を見送る方針を示した。

 野田市長は「議論の熟度は高まっておらず、要否も含めてもう少し庁内で検討する必要がある」と説明。「トイレやさまざまなニーズに対応するには財源が必要。一般財源の中で確保できない場合は有料化の道も探らなければならない」と議論を継続する考えを示した。

 有料化の検討をめぐっては、1月に市世界遺産登録推進室が橋野鉄鉱山世界遺産登録推進委員会に有料化の素案を示した。早ければ関連条例案の3月定例会提案、ゴールデンウイークごろからの有料化を想定していた。

(2016/02/27)
[PR]

トップへ