平泉彩る幽玄夜神楽 世界遺産登録5周年前に催し


 「平泉の文化遺産」の世界遺産登録から来年で5周年を迎えるのを前に平泉町教委は3日、同町の平泉文化遺産センター野外ステージで5周年プレイベント・南部神楽「金鶏山夜神楽」を行った。県内外の5団体が華麗な舞で会場を魅了した。

 達谷窟毘沙門(たっこくのいわやびしゃもん)神楽(平泉町)、城生野神楽、川北神楽(宮城県栗原市)、蓬田神楽(一関市)、大森神楽(奥州市)が出演。観客は秋の夜空に太鼓が響く中、各地の伝統を受け継ぐ踊りに見入った。

【写真=かがり火がたかれた野外ステージで熱演する大森神楽】

(2015/10/04)
[PR]

トップへ