奥州藤原氏時代の年中行事を再現 平泉で特別展


 平泉町主催の世界遺産登録4周年記念特別展「四季彩抄(さいしょう) 奥州藤原氏の光芒(こうぼう)、煌(きら)めきの歳時季」は、同町の平泉文化遺産センターで開かれている。奥州藤原氏の時代の年中行事を4分の1サイズと等身大の模型で再現。牛車(ぎっしゃ)の乗車や装束体験なども豊富に用意され、春夏秋冬を彩った当時の文化を五感で学ぶことができる。

 春の展示「曲水(ごくすい)の宴」は、源義経が藤原秀衡の保護を求めて平泉に逃れた翌年に秀衡が主催した宴を再現。平泉の栄華を象徴するような、きらびやかな世界が目を引いている。

 同展は11月23日まで。入場無料。

【写真=平泉の春の行事「曲水の宴」を4分の1サイズで再現した模型】

(2015/09/23)
[PR]

トップへ