名誉館長に近藤誠一さん 平泉文化遺産センター


 平泉町教委は14日、同町の平泉文化遺産センターに名誉館長職を新設し、前文化庁長官の近藤誠一さん(69)が就任する見通しとなったことを明らかにした。

 岩渕実教育長が同日の町議会9月定例会の特別委員会で、「平泉」の世界遺産登録に尽力した近藤さんに就任を打診し、内諾を得たと報告した。正式な就任決定は11月ごろになる見通し。

 近藤さんは1972年外務省入省。ユネスコ日本政府代表部特命全権大使などを経て、2010〜13年、文化庁長官を務めた。「平泉」の世界遺産登録前から町と深い関わりを持ち、今も講演会などで町を訪れている。

(2015/09/15)
[PR]

トップへ