花巻東、センバツ懸け準決勝へ 秋季高校野球東北大会


 【福島市で本社取材班】第70回秋季東北地区高校野球大会で4強入りした花巻東は休養日の16日、福島市内で調整し、日大山形(山形第3)との準決勝へ気持ちを高めた。来春のセンバツは東北から一般枠で3校選ばれるため、決勝に進めば6年ぶりの出場へ青信号がともる。

 花巻東は午前中、同市の学法福島高グラウンドで約2時間、汗を流した。フリー打撃や実戦を想定したシート打撃、守備練習を行い、初の決勝進出に向け闘志を燃やした。

 日大山形は1回戦で学法石川(福島第3)を7−2で下し、2回戦は連覇を狙った仙台育英(宮城第1)を1−0で破った。準々決勝は山形県大会準決勝で敗れた酒田南(山形第1)に7−0で七回コールド勝ちした。

【写真=ノックを受け、準決勝へ調整する花巻東の選手=福島市・学法福島高グラウンド】

(2017/10/17)
[PR]

トップへ