13日から熱戦 秋季高校野球東北大会


 第70回秋季東北地区高校野球大会は13日、福島市の県営あづま球場で開会式が行われ、来春のセンバツ切符を懸けた熱戦が始まる。

 初日の県勢は、第3代表の一関学院(2年ぶり15度目)が登場。開会式後、同球場で青森第3代表の八戸学院光星と1回戦を戦う。

 第1代表の花巻東(2年連続17度目)と第2代表の黒沢尻工(33年ぶり7度目)は、14日の2回戦が初戦となる。

 大会には東北6県から各3校、計18校が出場。本県の3校には、県勢として3年連続のセンバツ出場に期待がかかる。順調に日程が進むと17日に準決勝、18日に決勝が行われる。

岩手日報モバイル(有料携帯サイト)で1回戦から決勝まで全試合をイニング速報します。

(2017/10/13)
[PR]

トップへ