センバツへ県勢闘志 秋季東北高校野球あす13日開幕


 第70回秋季東北地区高校野球大会は13日、福島市の県営あづま球場で開会式が行われ、開幕する。本県からは第1代表の花巻東(2年連続17度目)、第2代表の黒沢尻工(33年ぶり7度目)、第3代表の一関学院(2年ぶり15度目)の3校が県勢3年連続のセンバツ出場を目指す。

 来春の選抜大会は第90回の記念大会で、東北地区の一般選考枠は例年の2校から3校に増加。準決勝進出で甲子園行きの可能性が出てくる。

 大会は県営あづま球場と福島県郡山市のヨーク開成山スタジアムで行われ、15日までにベスト4が決まる。

 16日の休養日を挟み、県営あづま球場で17日に準決勝、18日に決勝が行われる。

岩手日報モバイル(有料携帯サイト)で1回戦から決勝まで全試合をイニング速報します。

(2017/10/12)
[PR]

トップへ