盛岡や沿岸南など4地区組み合わせ決定 秋季高校野球


 第70回秋季東北地区高校野球県大会の地区予選は18日、盛岡、沿岸南、久慈、二戸の4地区で組み合わせが決まった。

 盛岡地区は26日から9月2日まで開かれ、盛岡誠桜・紫波連合を含む16チームが7枚の代表切符を争う。岩手大会ベスト4の盛岡四は同連合と初戦で当たる。甲子園で戦う盛岡大付は代表に決まり、最後の第1、第2代表決定戦に登場する。

 沿岸南地区は25日から9月3日まで開かれ、6校のうち3校が代表切符を得る。岩手大会4強の大船渡東は初戦で高田とぶつかる。

 久慈地区は26日から9月2日まで、大野・伊保内連合を含む5チームが代表3枠を争う。岩手大会準優勝の久慈は、初戦で久慈東−大野・伊保内連合の勝者と対戦する。

 二戸地区は26日から9月2日まで、葛巻・福岡工連合を含む4チームが2枠を争う。

(2017/08/19)
[PR]

トップへ