甲子園まであと2勝、4強闘志 高校野球岩手大会


 第99回全国高校野球選手権岩手大会第12日は21日、盛岡市の県営球場で準決勝2試合が行われる。甲子園まであと2勝。第1試合(午前10時)は盛岡大付−盛岡四の盛岡地区対決。第2試合(午後0時半)は大船渡東−久慈の公立勢が決勝進出を争う(21日紙面で準決勝展望)。

 公立勢が4強に3校残るのは第80回(1998年)以来19年ぶり。盛岡大付と盛岡四は好調な両校打線が注目される。春の地区予選は盛岡大付がコールド勝ちしており、盛岡四は優勝した第76回大会以来23年ぶりの決勝進出に挑む。

 大船渡東と久慈は春季県大会準決勝に続く顔合わせ。春は久慈が勝っており、大船渡東は雪辱に燃える。1点を争う好ゲームとなりそうだ。

(2017/07/21)
[PR]

トップへ