江南義塾盛岡逃げ切る 高校野球岩手大会第3日


 第99回全国高校野球選手権岩手大会第3日は9日、盛岡市の県営球場など3球場で、2回戦9試合が行われ、江南義塾盛岡が8−7で盛岡工との同地区対決に競り勝ち、4年ぶりに初戦を突破した。

 連覇を狙う第1シード盛岡大付、第4シード花巻東はともにコールド勝ちで3回戦へ進んだ。2年連続準優勝の一関学院も一関一との同地区対決をコールドで制した。

 福岡工は水沢農・前沢・雫石の3校連合を9−3で下し、山田は5−0で葛巻に完封勝利。水沢工は久慈工に7−4で逆転勝ちし、盛岡南と盛岡中央はコールド勝ちで2回戦を突破した。第4日の10日は3球場で2回戦8試合が行われる。

 投打の要、力を発揮

 九回裏2死二塁。江南義塾盛岡は5点のリードを1点差に詰められ、なお同点のピンチ。「あのとき点を取っていれば」。もっと点を取れたという思いの根木大斗主将(3年)の脳裏に後悔がよぎる。それでも「絶対捕る。自分のところに飛んでこい」と念じた通りにきた二ゴロをさばき、苦しみ抜いて初戦を突破した。

 投打の要が勝負どころで力を発揮した。主戦藤田蓮(3年)は腰椎分離症の痛みに耐え八回を3失点に抑えた。三回は2死二、三塁から3連続四球で同点とされたが「自分で打者を切りたかった」と気迫で後続を三振に切って取った。

 攻めては四回2死二、三塁で4番中山輝一(3年)が中前に2点勝ち越し打を放ち、藤田の背中を押した。夏に向け体が早く開かないようにフォームを修正し「チームのために欲張らずセンター返しを意識した」と振り返った。

 今春8年ぶりに県大会に出場したのに続き、夏は4年ぶりの初戦突破。根木主将は「今まで野球をやってきて(思うように)勝ててこなかった。全員で1勝をつかみ報われた」と目元に涙を浮かべた。

(斎藤拓)

【写真=江南義塾盛岡−盛岡工 4回表江南義塾盛岡2死二、三塁、中山が中前打を放ち、5−3と勝ち越す。捕手鎌田=花巻】

第3日(7月9日)の試合結果
【県営球場】
◇2回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大野
0 0 1 0 0 0 0 1
盛岡大付
2 3 0 0 5 0 X 10
[コールドゲーム]
◇2回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
一関一
2 0 0 0 0 0 0 2
一関学院
1 7 0 0 2 0 X 10
[コールドゲーム]
◇2回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
伊保内
0 0 0 0 0 0 0
花巻東
0 2 0 0 2 8x 12
[コールドゲーム]
【花巻球場】
◇2回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
遠野緑峰
0 0 1 0 0 0 0 1
盛岡南
4 1 1 1 0 3 X 10
[コールドゲーム]
◇2回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
江南義塾盛岡
0 2 1 3 1 0 1 0 0 8
盛岡工
1 0 2 0 0 0 0 0 4 7
[試合終了]
◇2回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
福岡工
2 1 0 0 2 0 2 0 2 9
水沢農・前沢・雫石
0 1 0 0 0 2 0 0 0 3
[試合終了]
【森山総合公園球場】
◇2回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
葛巻
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
山田
1 0 0 1 2 0 1 0 X 5
[試合終了]
◇2回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
水沢工
1 0 0 0 0 3 0 0 3 7
久慈工
0 0 0 2 0 0 0 0 2 4
[試合終了]
◇2回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
盛岡中央
3 2 0 0 4 5 14
大槌
1 0 1 0 0 0 2
[コールドゲーム]
(2017/07/10)
[PR]

トップへ