主役の鈴木さん「温かな作品」 宮沢賢治ドラマ試写会


 【東京支社】17日に放送が始まる有料BS放送WOWOWの連続ドラマ「宮沢賢治の食卓」(全5話)の第1話試写会が15日、東京都内で開かれ、舞台あいさつに立った宮沢賢治役の俳優鈴木亮平さんは「心に残る温かさがある作品になっている」と力を込めた。

 約250人を招待。上映に先立ち、鈴木さんと賢治の妹トシ役の女優石橋杏奈さん、御法川修監督の3人が登壇した。25歳の賢治を務めた鈴木さんは「賢治がさまざまな悩みを抱えながらも、少しずつ成長していく様子が温かいドラマとして結実している」と自信を込めた。

 ドラマは1921、22(大正10、11)年の花巻市が舞台。「食」を軸に賢治と家族や大切な人との絆を描いた物語だ。第1話は、無断で上京した賢治がトシの病気の知らせを受け、花巻に帰郷するところから始まる。

 放送は午後10時から。初回は無料で視聴できる。

【写真=宮沢賢治を演じた鈴木亮平さん(中央)とトシ役の石橋杏奈さん(右)、御法川修監督】

(2017/06/16)
[PR]

トップへ