短歌かるた活用を 啄木祭実行委、児童施設に寄贈


 今年生誕130年を迎えた石川啄木の啄木祭実行委(竹田孝男委員長)は9日、盛岡市上厨川の土淵児童センター(千葉与志子館長)に「啄木かるた100首」を贈った。同実行委はかるたを市内の児童センターや学童クラブなど計77カ所に寄贈し、児童に啄木作品に親しんでもらう。

 贈呈式は同センターで行われ、利用する土淵小の児童や関係者約80人が参加。

 かるたは表側に「ふるさとの山に向ひて言ふことなし ふるさとの山はありがたきかな」など、歌集「一握の砂」「悲しき玩具」から選んだ有名な短歌100首を印刷。取り札は下の句のみが記されている。裏側には啄木が好んだといわれるキツツキを愛らしく描いた。

【写真=児童を代表して啄木かるたを受け取る児童】

(2016/06/11)
[PR]

トップへ