日米、科学技術で協力進める方針 ILC議連が訪米


チェック

 【米ワシントンで報道部・熊谷宏彰】超党派のリニアコライダー国際研究所建設推進議員連盟のメンバーは11日(日本時間12日)、ワシントン市内で、今回初めて開かれた日米先端科学技術フォーラムに臨んだ。幹事長の塩谷立氏(衆院静岡8区)は両国の議員有志らでフォーラムを継続的に開き、加速器を含む先端科学技術での日米協力を進めていく方針を示した。

 塩谷氏と議連副会長の鈴木俊一氏(衆院岩手2区)、事務局次長の大塚拓氏(同埼玉9区)や日米の研究者ら約50人が参加。国際リニアコライダー(ILC)計画を推進する国際研究組織リニアコライダー・コラボレーションの最高責任者リン・エバンス氏(英国)も駆けつけた。

 参加者は日米の発展や安全保障面で科学技術は重要として、ILCを含む先端加速器や宇宙利用、核融合、スーパーコンピューターの各分野で日米協力を強めるべきだとの認識を共有した。

 同日の米議会は夜までもつれ込み、参加予定の議員数人はいずれも欠席を余儀なくされた。議員グループ「ジャパン・コーカス」共同議長で下院議員のチャールズ・ブスタニ氏(共和党)とホアキン・カストロ氏(民主党)は「フォーラムを通じて一緒に仕事をしていく」とのメッセージを寄せた。

【写真=先端科学技術の日米協力強化に向け、フォーラムの活動継続を確認する塩谷立氏(左)ら=11日、ワシントン市内】

(2016/02/13)
[PR]


トップへ