【陸前高田】イルミネーション、優しい光 公営住宅西下団地


 陸前高田市小友町の災害公営住宅西下団地で17日、駐車場のフェンス、団地と駐車場をつなぐ階段の手すりに取り付けたイルミネーションが点灯された。赤や緑の優しい光がクリスマスムードを演出している。

 点灯式には住民ら22人が参加。声を合わせてカウントダウンし、「えがお」「西下」の文字やツリー、トナカイ、ハート、星などの絵柄がともると歓声が上がった。

 県内の震災被災地でイルミネーションの設置事業を行う盛岡市のNPO法人「RAY of HOPE」とボランティア、地域住民が10日と17日に約5千個の電球を飾り付けた。点灯は来年1月中は続けその後は未定。

【写真=災害公営住宅西下団地にともされたイルミネーション】

(2017/12/19)
[PR]

トップへ