【釜石】大石地域の拠点、広々 ホール増築、完成式


 釜石市唐丹(とうに)町の大石地域交流センターは増築を終え18日、現地で完成式を行った。災害時拠点としてホールを拡張、住民が十分に避難できる広さを確保した。

 大石町内会や市の関係者ら約20人が出席。畠山一信町内会長(70)は「立派に増築され安心している。海浜学校など多目的に使い、地域のよりどころとしたい」と感謝。

 野田武則市長は「当地の貝塚史跡や石割り桜などを訪れる人との交流拠点にもなる」と祝った。

【写真=増築したホールで完成式に臨み、喜び合う出席者】

(2017/12/19)
[PR]

トップへ