【陸前高田】津波、世界に伝える 聞き書き集英訳し出版


 陸前高田市で中高生時代を過ごした中沢八千代さん(71)=相模原市在住=は、東日本大震災被災者らの体験を英語で記した「Tsunami(ツナミ)」を自費出版した。2012年に著した聞き書き集「わたしの友の3・11」の訳書。津波の恐ろしさと被災者の心をありのままに伝えるエピソードを収録しており、未曽有の災禍の記憶を世界に発信している。

 16年の漫画版「黒い風」(幻冬舎)に続く書籍化。英訳は陸前高田市参与の村上清さん(58)=岩手大学学長特別補佐=が監修に携わった。

 「友人が語った『黒い風』のような津波」「引き潮の後に見えた海の底」「地獄絵」−。「ドラマ」の一言で片付けられない激しい感情の移り変わり、生々しい体験を伝えようと、一節一節を忠実に英訳。言語が変わっても、すごみをもって読み手に迫る。

 購入などの問い合わせは中沢さん(090・4726・0572)へ。

【写真=東日本大震災の被災者聞き書き集を英訳した「Tsunami」】

(2017/12/15)
[PR]

トップへ