東北銀が業務提携へ フィデア傘下・荘内銀、北都銀と


 東北銀行(盛岡市、村上尚登頭取)とフィデアホールディングス傘下の荘内銀行(山形県鶴岡市)、北都銀行(秋田市)が業務提携する方針を固めたことが6日、分かった。取引先の本業支援や有価証券の市場運用、事務部門の共通化などで連携を強化。資本提携や経営統合はせず、お互いの自主性を尊重する。

 人口減少による地域経済の縮小を背景に、地方銀行業界では経営統合が活発化。その一方で分野ごとの緩やかな連携も広がっている。本格再編とは別に、業務提携を模索する動きが今後も出てきそうだ。

(2018/02/07)
[PR]

トップへ