106急行と高速バス、無料LAN 県北バス・サービス開始


 県北バス(盛岡市、松本順社長)は、宮古−盛岡間急行バス(106急行)と高速バスで無料無線LAN(MICHINORI Free Wi−Fi)サービスの提供を始めた。利便性を高め、訪日外国人客(インバウンド)を含むバス利用促進を図る。

 106急行と高速バス11路線(最大所要時間約11時間)に導入した。Wi−Fi対応の全機種で利用可能で、IDやパスワードの設定は不要。1度の接続で最大12時間接続できる。

 会員制交流サイト(SNS)の普及などで近年、交通機関でのWi−Fi利用のニーズが高まり、県内のバス会社でもサービス提供の動きがある。同社もスマートフォンやタブレット端末などを充電できるコンセントの設置と合わせ、Wi−Fi機能の整備を進めてきた。

 同社乗合事業部の荒屋敷正剛部長は「高速バスは2時間強の路線が多く、座席での時間をより快適、便利にすることで利用につなげたい」としている。

(2018/01/10)
[PR]

トップへ