奥州市と立地調印式 自動車部品製造の北上・東北日発


 自動車用ばね部品などの製造大手ニッパツ(横浜市)の連結子会社で、東北の拠点、東北日発(北上市、資本金3億5200万円、千野智幸社長)と奥州市は18日、同市水沢区の市役所で立地調印式を行った。同社は同市江刺区の江刺中核工業団地に奥州工場を新設し、1日から稼働している。

 小沢昌記市長、千野社長が協定書に調印。千野社長は「地域社会の融和、協調に努め、地域の発展のため最善の努力をしていく」とあいさつ。小沢市長は「事業発展が県全体の発展につながると強く確信している」と歓迎した。

 同社は、同工業団地から撤退した広沢製作所奥州工場の生産設備を買い受け、同工場の従業員28人を再雇用した。広沢製作所に外注していた自動車用シートフレーム部品のプレス工程を自社で担い、生産効率化を図る。

【写真=協定を交わす千野智幸社長(左)と小沢昌記市長】

(2017/12/19)
[PR]

トップへ